.
Reference Code:  395

Cartier アシスタントブティックマネージャー / 名古屋エリア

名古屋エリア, 23, JP

Permanent
  
  

Cartier, l'artisan des passions.

募集要項:

最高の顧客サービス、BTQ(ブティック)予算達成、さらにチームとしての力を強化するために、BM(ブティックマネージャー)をサポートし、BTQスタッフ育成に積極的に関わる。またBTQのファシリテーターとしてBMとBTQスタッフのパイプ役となる。BM不在時には、BTQ運営のリーダーとしてBM業務を代行する。直属の部下を持つ場合は日常の勤務管理、指導育成、MBO目標設定と評価、および年次評価を行う。

 

業務内容:

【戦略・プランニング・セールス】
1. BTQ予算達成
-BMとスタッフのパイプ役としての役割を率先して果たし、BTQ予算達成に貢献する。
2. BTQアクションプラン
-BMのアクションプラン策定をサポートし、アクションプランの期限や進捗管理のリーダーとなり、アクションプラン実行を牽引して目標達成に直接的に貢献する。

【サービス】
1. 顧客サービス
-BTQにおいてお客様に対して常に最高のサービスを提供する責任をもつ。
2. クレーム対応
-クレームが発生した際には、BMの指示、規定に従い処理する。BM不在時は、BM代行として規定に従い的確に処理する。

【スタッフ】
1. チーム構築
-BTQスタッフにとって働きがいのある場所となるようチームワークとコミュニケーションの改善のために常にBMをサポートする。
2. 部下育成
-BTQスタッフが仕事を通じて成長をできる環境をつくるために常にBMをサポートする。
3. 派遣スタッフ管理
-派遣スタッフの採用、指導、動機づけにおいてBMをサポートする。
4. 部下管理
-直属の部下を持つ場合は、MBO、年次評価、能力開発、コーチング、業務分担、日常の勤務管理を含め、部下の指導育成を行う。
5. コーチング
-自BTQでのコーチングをBMと共に実施する。
6. 自己の成長
-自分の強みと改善点を理解し、自分の能力を向上させ続けることに自ら責任を持つ。

【オペレーション】
1. 店舗運営
-BTQスタッフが売上管理、入金管理、在庫管理、経費管理を、規定に従い、誤りや遅滞なく確実に実施するようBMが管理・監督する業務をサポートする。BM不在時にはBTQ運営責任者としてBMのオペレーション業務を代行する。
2. 商品ハンドキャリー
-必要に応じて店舗間等の商品(貴重品を含む)の持ち運びを担当する。

 

求めている人材:

【マネジメント・リーダーシップ】
チームマネジメント力
1. BTQスタッフが協力して働き、BTQの目標を達成するBTQ環境を生み出せるようBMを支援することができる。
2. スタッフのコミットメントを高めるために、各スタッフを動機づけ、様々な方法でスタッフに働きかけ、スタッフが自らの目標を達成するよう効果的に仕向けることができる
3. 各スタッフの強み、弱みを理解し、業務を通じて能力を向上させる機会を提供し、スタッフの成長を支援することができる。
4. 直属の部下を持つ場合は、各スタッフの強み、弱みを見極め、的確に本人にフィードバックし、部下の能力開発に必要なリソースを提供することができる。

【業務遂行力】
1. 成果達成
-BMがBTQアクションプランを策定することを支援し、BTQ目標達成にコミットすることができる。
-スタッフのMBO設定を支援し、進捗状況のモニターをBMとともに行い、目標達成を側面から支援し、BTQ全体の成果達成につなげることができる。
2. 率先行動
-依頼・指示されることがなくとも必要なアクションを理解し、これを率先して自発的にとることで、BTQスタッフの見本となることができる
3. 販売力
-他のスタッフの見本となるすぐれた接客スキルを示すことができる。
-業界のトレンドや競合環境を理解し、これを販売に生かすことができる。
4. サービス重視
-VIP顧客に効果的に対応することができる。
-BM不在時にはBTQ責任者代行として効果的にクレームに対応することができる。
5. 倫理観
-職務上の高い倫理観を持ち、会社ルールを遵守して誠実に業務を遂行することができる。

【対人スキル】
1. チームワーク
-チームでの自分の立場を理解し、自分の役割を果たすことで、チーム全体に対する責任を果たすことができる。
-他のチームメンバーに効果的で説得的なアドバイスやフィードバックを提供することができる。
2. 関係を築く力
-チームメンバーを尊重し、チームメンバーとの相互信頼関係を築くことができる。
-メンバーの特性や性格に合わせて、自分のコミュニケーションスタイルやメンバーとの接し方を効果的に調整することができる
3. コミュニケーション力
-説得的なコミュニケーションをとれる。
-情報の受け手に正確に情報が伝わるよう、個別の状況、ニーズに応じた最適なコミュニケーション方法を選択できる。
-コーチングの手法を活用して、相手から答えを引き出し、自発的な行動を促すコミュニケーションがとれる。